最近は、結婚式だけでなく、お葬式や法事などでもカタログギフトを頂くことが、増えてきているように感じます。
カタログギフトを見慣れているせいか、最近では、頂いたカタログギフトの内容を見て、インターネットで検索せずにカタログギフトの金額を言い当てられる位にまでに、なってきています。
カタログギフトも一昔前までは、焼き菓子、タオル等の雑貨類、カバン、アクセサリーなどの小物類などが多かったように思います。
最近では高級肉のすきやきセットや、日帰り温泉の立ち寄り湯とランチの食事がセットになったもの、高級レストランのペアランチご招待、映画館のペアチケットなどバラエティに富んでいて、見ていると、本当に迷ってしまい、一つの商品を決めるのに、とても時間がかかってしまうことが多いです。
個人的には、カタログギフトは食品が充実しているものが大好きです。
高級肉はもちろん、メロンなどの果物、海鮮類、高級スイーツなどです。
食品は、いくらあっても良いと、個人的には思っていますので、私が人に贈る時も、食品が充実しているカタログギフトを選ぶことが多いです。
よく利用させてもらうのは、西武・そごう百貨店内で販売されている「ごっつお便」というカタログギフトが好きです。
最近では、人に差し上げるカタログギフトは全てこの「ごっつお便」にしています。
百貨店の商品なので、品質はもちろん良いし、値段も3000円位~10000円位までのリーズナブルなカタログギフトから高価なカタログまで取り揃えてくれています。
時々、高価なカタログギフトを贈る必要がある場合は2種類を選んでまとめて送付しています。
商品がかぶっていないのも、このカタログギフトの魅力だと思います。

頂いたカタログギフトも、食品を注文することが多いです。
高級肉のすき焼きセットなどや、メロンなどの高級果物を注文することが多いです。
高級肉が少ないカタログギフトだったり、高級果物で食べたい物がカタログギフトに無い時は、生活用の食品を注文することがあります。
いわゆる米、みそ、しょうゆなどです。
その他にも、ちりめん山椒や佃煮などのごはんのお供や、ふりかけ、海苔などの乾物を頂くことも多いです。
カタログギフトで注文する時は、必ず期限があるので、期限内に注文するようにしましょう。
最近では、ハガキではなく、インターネットで注文できるカタログギフトが増えてきているので、ますます使いやすくなってきているように思います。
カタログギフトは、せっかくの頂きものですから、上手に注文して、しっかり生活の中に生かしていきたいと思います。